ホーム > 観光スポット > 体験プログラム  > くにがみで民泊体験
やんばるにふれる、出会う

体験プログラム

くにがみで民泊体験

民泊とは、旅館とは異なります。受入先の家庭で、その地域に根差した暮らしを体験することができる体験プログラムです。国頭村では三線体験、沖縄料理・お菓子作り体験、琉球衣装着付けなど沖縄の文化を体験できるほか、漁師(投げ網)体験や釣り体験など、やんばるの自然を生かした体験も行っております。国頭村は村の85%が森林ということもあり、“みて”“ふれて”“かんじて”“あじわう”ことで、やんばるの大自然を五感で感じることができます。そしてホストファミリーと“出会う”ことで、皆様にとってまた来たいと思える『心のふるさと』を一緒に作っていきませんか?

メニュー

実績

国頭村は約30軒の受入民家があります。全ての家庭が民泊新法に対応済みです。

平成29年度民泊受入実績・・・11875人(やんばる他2村含む)

国頭村の民泊では、基本的に修学旅行生などの団体を受け入れております。また、個人での対応も相談に応じますので、下記の連絡先に気軽にご連絡ください。

基本情報

施設名 民泊体験
TEL / FAX TEL 0980-41-2420 FAX 0980-41-2535
Eメール kunigami-de-minpaku@kunigami-kanko.com
PDF PDFファイル

2016年9月15日
やんばる国立公園指定